トップ >> コンピューターへの被害

悪者から守るための情報

コンピューターが感染すると

現代のコンピューターウィルスの被害の一例は、ネットワーク上への情報の漏洩や流出です。こちらの感染の仕方は、あるサイトやあるアドレスにデータを送信するタイプのものや、ネット上にデータを公開するというタイプのものがあります。このウィルスによって流出してしまう情報は、アカウントやID、パスワードなどです。他の被害の例は、ウィルスがバックドアという通り抜け穴のようなものをつくって侵入してきてそのまま潜伏し、外部からコンピューターを勝手に操作されてしまうという例です。このウィルスはトロイの木馬と呼ばれています。

ウィルスによる被害や活動の例

他にもウィルスによる被害の例があります。とにかく、侵入してきたウィルスはコンピューターの内部で増殖することが多いです。より多くのものに感染することが目的ですので、感染したコンピューターから送信されるメールに、自分自身の分身を添付することがあります。こうしてどんどんひろまっていくのです。そして、システムの破壊活動を行います。その活動の種類はさまざまですが、パソコンを起動させなくするとか、動作を停止させてしまうものまでいます。ほかにも、ファイルを勝手に消去していってしまうものもいます。画面上にメッセージを表示するだけの症状が軽いものもあります。